画像で簡単!手作りパンのレシピと作り方

いろいろな種類のパンの作り方とレシピをのせています。かんたんに美味しいパンを作れる日を目指して日々研究中です。写真もたくさん使っているのでパンを作るときに参考にしてください。
画像で簡単!手作りパンのレシピと作り方パンコラム>パン作りでは水温を調節するのがコツ




パン作りでは水温を調節するのがコツ

パンを作るとき、水温をどれくらいにすればいいのか悩むことがあります。一般的に夏場は水温を低く、冬場は水温を高くする必要があります。

水温の調節はパン生地をこねあげたときの生地の温度を何度にするかによっても変わってきます。だいたい生地のこねあげ温度は20度から30度の間です。

夏場で部屋の室温が高く、生地のこねあげ温度が26度の場合、水温をたとえば7度とか8度にしても、生地のこねあげ温度が30度を超えてしまうこともあります。

逆に冬場で室温が5度とか4度の場合、水温を上げても、生地のこねあげ温度が15度とかになってしまうかもしれません。生地のこねあげ温度が15度だと、イーストの活性が進まずなかなか次の工程に行くことができません。しかし、いくら生地のこねあげ温度が低いからといって水温を60度とか70度などにして熱湯を粉の中に注ぐということをしてはいけません。イーストは45度以上の水がかかれば死滅してしまいます。

イーストの最大活性の温度が38度なのでこれよりも高い温度の水を仕込み水に使うのは適切ではありません。部屋の温度を高くするなど工夫して、生地のこねあげ温度を高くする必要があります。