画像で簡単!手作りパンのレシピと作り方

いろいろな種類のパンの作り方とレシピをのせています。かんたんに美味しいパンを作れる日を目指して日々研究中です。写真もたくさん使っているのでパンを作るときに参考にしてください。
画像で簡単!手作りパンのレシピと作り方パンコラム>国産強力粉と外国産の強力粉での水分量の違い




国産強力粉と外国産の強力粉での水分量の違い

国産の強力粉と外国産の強力粉の違いについて最初に説明します。

まず国産の強力粉は外国産の強力粉にくらべてたんぱく質の含有量が少ないです。たんぱく質の含有量が少ないということは、グルテンが外国産小麦に比べると弱いのでフワフワしたパンを作りにくいということになります。

また、国産小麦は水の吸収量が悪いです。なので、早く乾燥してしまい老化も早くなります。ですが、農薬の量が少ないなど安全なパンを作ることができます。また、小麦粉の味自体も日本人好みになっているのではないでしょうか?

一方、外国産の小麦粉は、小麦タンパクが多く、また給水率も高いのでパン作りには向いているといえます。そして値段も国産小麦に比べたら安いです。

山崎パンなどの大手製パンメーカー、そして町に根付くパン屋さんの多くが外国産小麦を使っているのではないでしょうか?

水分量ですが、結果的に外国産の強力粉のほうが、多少多くなるといえます。同じことで、季節によって水分量は変わります。夏場は湿気も多いので水分量は少なく、逆に冬は乾燥しているので水分量は少なくなります。