画像で簡単!手作りパンのレシピと作り方

いろいろな種類のパンの作り方とレシピをのせています。かんたんに美味しいパンを作れる日を目指して日々研究中です。写真もたくさん使っているのでパンを作るときに参考にしてください。
画像で簡単!手作りパンのレシピと作り方パンコラム>リッチなパンとは




リッチなパンとは

リッチなパンとは、砂糖や牛乳、脱脂粉乳、卵、はちみつ、バターなど様々な副材料を使った濃くのあるパンのことを言います。

リッチなパンの特徴は多くの材料を使うことでパン生地が柔らかくなり、焼いた後もふんわりと仕上がることです。また、リーンなパンに比べて日持ちもします。

日本では多くのリッチなパンが食べられており、管理人もクリームパンなどの菓子パン、カレーパンなどの惣菜パンが大好きです。

パン通に言わせると、リッチなパンはパン本来の味を楽しむことができないので、好きなパンは何と聞かれてクリームパンと答えると正直恥ずかしいです。私も、ちょっとパン通に見せかけるために
「好きなパンはバケットやカイザーゼンメル」
なんて答えていますが、本当に好きなのはカスタードやフルーツ系のジャムがのった菓子パンです。

リッチなパンは砂糖などの副材料が入るため、水分濃度があがります。その結果、イースト内の水分濃度との間に差ができ、浸透圧の関係でイースト内部の水分が外に流出して、イーストが死んでしまうことがあります。

そのため、リーンなパンに比べてリッチなパンはイーストを多めに入れたりします。副材料の味でイースト臭さがわからなくなるため少しイーストを増やして発酵させているのかもしれませんが。また、浸透圧に強い生イーストや砂糖がたくさん配合されている場合の専用インスタントドライイーストを利用します。

そのほか、生地を混ぜているとき副材料がグルテンを作るのを邪魔するため、リーンなパンよりも混ぜる時間を長くします。