画像で簡単!手作りパンのレシピと作り方

いろいろな種類のパンの作り方とレシピをのせています。かんたんに美味しいパンを作れる日を目指して日々研究中です。写真もたくさん使っているのでパンを作るときに参考にしてください。
画像で簡単!手作りパンのレシピと作り方パンコラム>分割後に丸める理由




分割後に丸める理由

手で生地をこねたあと、発酵をとります。そしてその後に、作りたいパンに合わせて生地を分割します。そして分割の後に丸めていきます。

分割したら、そのままの形で置いておかずどうしてわざわざ生地を丸めたり、俵型にしたりするのでしょうか。

まず、生地を丸めるという作業は次の工程である成形にむけた準備段階です。成形をする前に、生地を丸めることで表面に張りをだし、この張りが成形でも活きてきて、成形後のパンも表面が滑らかになり、その結果、焼き上がりも見た目の良いパリッとしたパンが出来上がります。

さらに、生地を丸めるという作業には、グルテンに適度な刺激を与えることになります。グルテンに刺激を与えることで張る力がまし、その分パンが膨らみます。

丸めで注意することは表面をきれいに張ることです。そして表面をきれいに張っていても、表面の反対側の綴じ目の部分が汚いと、結果的にまたたるんだ生地になってしまいます。表面をきれいに張った後、反対側を見て、綴じ目をしっかりととじてあげます。こうすることでガス保持力が高まり、表面に張りのある生地ができます。