画像で簡単!手作りパンのレシピと作り方

いろいろな種類のパンの作り方とレシピをのせています。かんたんに美味しいパンを作れる日を目指して日々研究中です。写真もたくさん使っているのでパンを作るときに参考にしてください。
画像で簡単!手作りパンのレシピと作り方パンコラム>パン作りで牛乳ではなく脱脂粉乳をよく使う理由は?




パン作りで牛乳ではなく脱脂粉乳をよく使う理由は?

パン作りの本を眺めてみると、レシピのところに牛乳と書かれておらず脱脂粉乳と書かれている場合が多いです。別に牛乳と書いてもいいのですが、どうしてパン作りの本では脱脂粉乳と書いてあるのでしょうか?

理由はいくつかあります。まず1つ目は冷蔵庫に保存する必要がないからです。脱脂粉乳の保存方法は
『直射日光・高温多湿をさけ常温で保存してください』
と書かれています。せまい冷蔵庫の中、一つでも物が少なくなればいいですね。

2つ目は牛乳に比べて安価だからです。主婦にとっての値段が安いのは嬉しいです。

3つ目は保存スペースが少なくてすむということです。牛乳と比べて脱脂粉乳は体積が少ないです。

4つ目は保存期間が長いということです。牛乳なら長くて1週間と少しぐらいかと思いますが脱脂粉乳の保存期間は、それよりはるかに長いです。

このようにパン作りにおいて牛乳より脱脂粉乳がよく使われる理由は、より簡単便利にパン作りをすることができるからです。ただし、万能に見えた脱脂粉乳にも欠点があります。それは、空気中の水分を吸収してだまになりやすいということです。そしてだまになった脱脂粉乳はパンを焼き上げたときまで残ってしまいます。

もし仮に小麦粉の中に脱脂粉乳を入れて、数分放置しなければいけない場合は、小麦粉と脱脂粉乳をまぜ、脱脂粉乳がだまになるのを防いでください。