画像で簡単!手作りパンのレシピと作り方

いろいろな種類のパンの作り方とレシピをのせています。かんたんに美味しいパンを作れる日を目指して日々研究中です。写真もたくさん使っているのでパンを作るときに参考にしてください。
画像で簡単!手作りパンのレシピと作り方パンコラム>イーストの保存方法




イーストの保存方法

インスタントイーストとインスタントドライイーストの保存は温度の低い場所に保存することで半年から1年ほどイーストの発酵能力を落とさずに利用することができるといわれています。

基本は冷蔵庫に保存するのがいいです。冬場は室温でも大丈夫です。

問題は生イーストです。生イーストは温度が高いところにおいておくと、すぐに使えなくなります。理想は4度以下の冷蔵庫の中です。ですが、これでも2週間ほどしかもちません。

完全に活動を停止させて長期保存はできないのか?と思う方もいるかもしれません。もし仮に冷凍庫に保存すると、イースト菌の内部の水分が凍ります。水は凍りになると体積が増えるので、同じようにイースト内の水分も膨張して、イーストが破裂し死んでしまいます。ということで、生イーストを利用するときも冷蔵保存をします。

自宅でパン作りをするときは、一般的に生イーストは賞味期限が短いので、砂糖や卵など配合がリッチなパンを作るときも生イーストを使わずに、砂糖が多いパンむけのインスタントドライイーストを利用するのが、一般的なようです。私自身も生イーストは使わず、インスタントドライイーストを利用しています。

ドライイーストは予備発酵が必要で、正直利用するのが面倒です。私もまだ一度もドライイーストを利用したことがありません。