画像で簡単!手作りパンのレシピと作り方

いろいろな種類のパンの作り方とレシピをのせています。かんたんに美味しいパンを作れる日を目指して日々研究中です。写真もたくさん使っているのでパンを作るときに参考にしてください。
画像で簡単!手作りパンのレシピと作り方>ハムチーズパンのレシピと作り方




ハムチーズパンのレシピと作り方

材料【日本創芸学院 手作りパン講座1より】

材料 ベーカーズパーセント
強力粉 100
砂糖 6
脱脂粉乳 3
2.1
インスタントイースト 1
ショートニング 6
70



材料の強力粉と砂糖、インスタントイースト、脱脂粉乳、塩をボールに入れ、混ぜます。このとき、塩をインスタントイーストをくっつけないように気をつけます。インスタントイーストは塩に弱く、死んでしまいます。
粉混ぜたもの


材料が均一に混ざるようにこねていきます。気温は31.6度、粉の温度は30.8度です。水温は11度にしました。これでもおそらく目標温度を超えてしまうので、水を計量した後の冷たい氷水で冷やしました。
手で粉を混ぜているところ


ある程度混ざったら、台に置き、手を猫のようにして、生地を前後に動かしながら混ぜます。そしてある程度混ざったら、叩きをします。グルテンがでてきたら、ショートニングをくわえます。ショートニングをくわえるとき、ある程度生地をカードで切ってから加えると速く混ざりやすいです。
パン生地をカードで切る


ショートニングを混ぜ込み、また叩きをします。そしてグルテンがでてきたら、ボールに丸めてフロアタイムをとります。最初のフロアタイムは60分です。結局、こねあげ温度は30.7度と2度以上オーバーしてしまいました。なので、発酵時間を短めにします。
フロアタイムをとるまえのパン生地


20分ほど経過したところです。まだ、ほとんど発酵した様子は見られません。



40分経過したところです。かなり発酵が進んでいます。フィンガーテストをしたあと、パンチに進みます。
パンチ前の生地


パンチをした後です。
パンチ後


ここから20分さらにフロアタイムをとります。

その次に分割をします。ハムチーズパンは70グラムに分割します。分割した生地をできるだけ長方形にします。
70グラムに分割した生地


これを手とうで真っ二つに割ります。



そして丸めます。できるだけ、均等に割るようにしてください。私はうまくできていませんが・・・。そして丸めます。
分割後の丸めをした生地


ベンチタイムの間に次の用意をします。私はハムを切ったり、塗り卵の用意をしました。



塗り卵は白身と黄身が混ざっていない状態のものや卵の殻を混ぜないために茶漉しに1度通します。



ベンチタイムを20分取りました。本来なら30分のベンチタイムですが、こねあげ温度が高かったので、生地がだれる前に成型に移ります。
ベンチタイムの後の生地


まず、皮を張るように横長にします。
横長にした生地


次に軽く空気を抜きます。



麺棒を使って伸ばします。



ハムの大きさに合わせて麺棒で長方形を作ります。そしてハムを乗せます。



最初に綴じ目を閉じて、クルクルっとまきます。



私は忘れていたので後から綴じ目を閉じました。



二つに折ります。このとき、綴じ目部分をおるといいと思います。



カードで切ります。スケッパーなどで切っても問題ありません。



パカッ!



こちらホイロ前の生地です。私は間違えて既に卵を表面に塗ってしまいました。



60分の発酵後の成型した生地の様子



卵を塗り、チーズを中心に載せます。



210度で15分間焼きます。ですが、途中で焼成具合をチェックしたほうがいいです。私はそのまま書かれている通りすれば、ちょっとこげた感じになってしまいました。各家庭のオーブンによって、同じ焼成温度でも焼き加減は違ってきます。



こんな感じで焼けました。



包丁で切った中の様子です。クラムはこんな感じでいいのでしょうか?お手本がないのでわかりません。



チーズやハムを使ったリッチなパンなので、多少発酵不足でも発酵過多でもおいしくいただけると思います。食べたら普通においしかったです。