画像で簡単!手作りパンのレシピと作り方

いろいろな種類のパンの作り方とレシピをのせています。かんたんに美味しいパンを作れる日を目指して日々研究中です。写真もたくさん使っているのでパンを作るときに参考にしてください。
画像で簡単!手作りパンのレシピと作り方>コーヒー風味のあんぱんのレシピと作り方




コーヒー風味のあんぱんのレシピと作り方

所要時間 約3時間40分
200g仕込みで7個分

中だね
材料 分量 ベーカーズパーセント
強力粉 100g 50
上白糖 24g 12
インスタントドライイースト 4g 2
30g 15
88g 44
合計 246g 123


材料 分量 ベーカーズパーセント
強力粉 100g 50
上白糖 20g 10
脱脂粉乳 4g 2
無塩バター 10g 5
2g 1
粉末コーヒー 4g 2
合計 140 70

中種法を使ったコーヒー風味のあんぱんを作ります。

フィリング
つぶあん 350g

中だね作り
強力粉、上白糖、インスタントドライイーストをボウルにいれます。

そこに卵と水をいれます。


全体が均一に混ざればオッケーです。混ぜ終わったときの生地の目標温度は23度です。23度くらいになるように最初に水の温度を調整してください。手についた生地はカードでとり、ボウルの中にもどします。


ラップをして30度の温度で60分発酵させます。


ミキシング
1時間発酵させた中種に強力粉、上白糖、脱脂粉乳、塩、粉末コーヒーをいれます。先にボウルにいれて準備しておきました。ただ、脱脂粉乳は湿気を吸収しやすいので、使う直前にだします。


1時間発酵させた中種



こねてたたく
4分ほどこねて、バターをいれ、もう一度10分くらいこねてたたきます。こね方、たたき方については手ごねでのミキシングのやり方を画像で解説を参考にしてください。


1次発酵
35度で15分休ませる。


分割・丸め
50グラムで分割する。


ベンチタイム
室温で15分生地を休ませる。
※乾燥しないようにラップをかける、もしはオーブンの発酵機能を利用する


成形
アンベラを使ったやり方を説明します。あんべらであんこをいれると、すばやく成形することができるので、パン職人は通常、あんべらを利用します。あんべらがなくても、あんこを包むことはできます。あんべらがない方はこしあんぱんのレシピと作り方を参考にしてください。

軽くガスを抜く


生地を手にのせます。きれいな表面の方を外側にしておくのがポイントです。どちらが外側になるのかイメージしてください。



あんべらでつぶあんをいれていきます。一気にドカッとあんこをいれていくのがポイントです。あと、つぶあんを冷蔵庫にいれておくと、いい感じにつぶあんが固くなり成形がしやすくなります。



生地が50gなので100gになるように、あんこをいれていきます。


はしっこのあんこは画像のように親指でクイックイッとするイメージでいれます(これは動画でないとわからないですね。)


包んでいきます。


とじました。


もし、うまく包めなければ、両端を画像のようにビヨ〜ンと伸ばして包む方法もあります。ただ、画像は写真を片手にもっているので、片側しかビヨ〜ンと伸ばしていません。


伸ばした両端をくっつけます。同じようにして端をのばしながら、閉じます。




最終発酵
35度で60分発酵をとる。


焼成
刷毛で卵を全体にぬります。200度で12分から13分焼きます。コーヒー粉末をいれたためか、ちょっと焦げやすいです。画像のは卵をぬり忘れました。卵をぬることで、パンにつやがでます。