画像で簡単!手作りパンのレシピと作り方

いろいろな種類のパンの作り方とレシピをのせています。かんたんに美味しいパンを作れる日を目指して日々研究中です。写真もたくさん使っているのでパンを作るときに参考にしてください。
画像で簡単!手作りパンのレシピと作り方パンコラム>イースト量とこねあげ温度と発酵時間の関係




イースト量とこねあげ温度と発酵時間の関係

イースト量とこねあげ温度と発酵時間はパン作りにおいて密接な関係にあります。たとえば、こねあげ温度が低いとイースト菌があまり活動しないので発酵時間は長くなります。もしも、こねあげ温度が低いにもかかわらず発酵時間が短ければ、中の詰まった固いパンになってしまいます。

一方、こねあげ温度が高いとイースト菌が活発に活動するので発酵時間を短くしなければいけません。もしもこねあげ温度が高いのに発酵時間を短くしなければ、発酵しすぎてパンが膨らみ、そして限界まで来たところでしぼんでしまいます。しぼんだ後は発酵力が弱まり、こちらも焼いたときにパンが膨らみません。

イーストの量を増やせば、発酵時間を短くすることができます。しかし、イースト菌臭いパンになってしまいます。

このようにイースト量とこねあげ温度、発酵時間は密接な関係にあり、こねあげ温度を見ながら発酵時間を調節する必要があります。